読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロッコリーの隣にはミニトマトを詰めろ

早く・美味しく・彩りよく

お菓子であの子のハートをGET

こんにちは、Nineです

これは いなふ進捗 Advent Calendar 2016 12月12日の記事です。

 

 

<前置き>

人をさんざんネタにした挙句、記事の一つも書かないのは真摯ではないと感じましたので寄稿させていただきます。

本当は6日頃に投稿しようかと思っていたのですが、意外と登録が埋まっていたので、少しづつのんびり書いていました。

  

なんだかんだACを毎日楽しみに見てます。みんな人のことよくみてるなぁ~と、良いところを見つけられる人が多いですね。

自分からもひとつあげるとすれば、面倒見の良さでしょうか

お兄ちゃん気質というか、なんだかんだ面倒見の良いところが気遣いに繋がっているのではないかなと思います。

  

<本題>

 彼の魅力はそこそこ語られたと思いますので、あとは気になる子をデートに誘って、遊びに行くだけですね!

デートスポットについてはぱぷの記事で、告白アプローチについてははやてんの記事で触れられていますので、今回はデートに誘うために女の子と仲良くなるための会話術とプレゼントというテーマでやっていこうと思います。

 

・会話術

 おしゃべり好きないなふくんにはもしかしたら必要ないかもしれませんが、ポイントを掴めば、巧みな話術と相まって効果絶大になるのではないでしょうか!!!!

 

””インターネッツにある、調べればわかるようなことをただ書くだけじゃ意味がない、調べるくらい誰だってできる。経験談に基づくローカルな意見を書け””

とのことでしたので、普段自分が実践していることで、アドバイスできそうなことを書きます。

 

・好きなものを覚える

  女の子と仲良くなるにあたって、「好きなもの」を覚えるというのは王道ではないでしょうか。

 

私は、好きな”お菓子”を覚えるようにしています(というか周りの友達なら大体自然に覚えてる)

例えばいなふくんなら、”キャラメルコーンが好き”という情報を持っています。

 

好きなお菓子を覚えるメリットとしてぱっと思いつくものには、以下のようなものが挙げられます。

 ・日常的な会話として登場しやすい

  →話のきっかけに!

 ・手軽に渡しやすい 

  →安価である、敷居が低い

 ・いくらでも渡せる

 ・相手側も気持ち的な負担が少ない

これらを踏まえて、「会話」と「プレゼント」の2つの側面からその効果を見ていきたいと思います。

 

【会話】

大抵お菓子には”期間限定”ものが出るので、新作が発売されるたびに話題になります。

・新作が出るらしい(出たらしい)

・買った?

・おいしい/おいしくない

と、1つの商品で3回も話題にできます。お得!

 

 キャラメルコーンのような特定商品ではなく、特定のフレーバー(抹茶味、いちご味等)やジャンル(チョコ、スナック等)が好きであれば、さらに話題にできる機会が増えるのではないでしょうか

 

また、相手の好きなものを知るだけでなく、自分の好みを相手に公開することも効果的です。 

女の子が「好きだって聞いたんだけど...」と、もじもじしながらキャラメルコーンを渡して来る様子を想像してみてください。かわいいでしょう?思わず抱きしめてあげたくなってしまうと思います。

好きな子から好きなものをもらったら嬉しさ倍増!

 

さらに、好きなものの中に苦手なものが内包されている場合はアドがあります。

例えば、いなふくんはピーナッツが苦手ですが、好きなものであるキャラメルコーンにも入っています。

そんな時は

「ありがとう!でも俺ピーナッツ苦手なんだよね...一緒に食べない?」

とさりげなく誘うことができます。

 

これらはあくまでコミュニケーションの一部にすぎませんが、人を選ばずに使える話のきっかけとしては良いのではないかなと思います。

 

【プレゼント】

年上には背伸びしてない可愛らしさをアピールでき、年下へは相手を気負わせない軽めのプレゼントとして良いのではないでしょうか。

例としてキャラメルコーンばかり取り上げてしまいましたが、市販のお菓子(コンビニ菓子など)だけでなくてもOKです。ちょっとお高めのチョコレートなら、つまみながらワインを宅飲みするとか、帰省や旅行のお土産選びの参考にするとか、色々応用がきくと思います。

 

[ 彼女  プレゼント ]でGoogle検索をかけるとトップにある、以下のサイトを見てみると

女の子のプレゼントとして、アクセサリーやコスメ、財布やバッグなどがおすすめされています。

 

 しかし、これらを付き合いの短いうちにプレゼントするのは難しいと(個人的には)思います。

普段使うものや、身に着けるものはこのブランド(メーカー)!と決まっているかもしれませんし、仮に好みでないものをあげてしまった場合、相手に気を使わせてしまうかもしれません。

 

 いなふくんならビシッと一発でドンピシャなものをプレゼントできるかもしれませんが、安パイを狙うなら最初は”花”、”飲み物”、”食べ物”などの消えものでも良いのではないでしょうか。

その分、穴場の夜景スポットに連れて行ったり、レストランでこっそりケーキを頼んでおくなど、デートをお得意のサプライズ性のあるものにすればよいと思います。

 

 

 

なぜか2000字も書いていました。

記事にする程のことではないかもしれませんが、少しでも役に立てれば幸いです。

 明日の記事もお楽しみに